Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

週末の森へ 

今日も朝から良いお天気だった。黙々と家事をこなす休日。
抜けるような空を恨めしく見上げていた。
遅めの昼食の後かたずけをしていたら、何だか無性に外に出たくなった。

急いで布団と洗濯物をしまい「夕食の支度前には帰ってくるから良いでしょう?」
と言い残し、自転車で家を飛びだした。
時間は2時半、このまま青梅まで自転車で行ってしまおうかとも思ったけれど、
時間的にちょっと自信がなかった。そこで、久しぶりに週末の森へと向かった。

siofune_001.jpg

週末の森の入口にあるお寺。今日は七五三のお参りをする家族を見かけた。

siofune_003.jpg

木彫りの立派な仁王様が、睨みを利かせている茅葺屋根の山門から、続く石畳。

siofune_006.jpg

銀杏の木に西日が射して金色に輝いた。あと数日でまっ黄色に染まる事だろう。

siofune_019.jpg

桜紅葉が陽射しに輝いて綺麗だった。だんだんと、気持ちが癒されていく。

siofune_023.jpg

ドウダンツツジの緋色は本当に燃えているようで…

siofune_025.jpg

もう、通わなくなって丸2年が経っていた。懐かしい野道を行く。
初めて、ここで、トラツグミを見たんだったなぁ…
わたしは、トラツグミがいた斜面をどこかにいないかなぁ…なんて思い眺めながら歩く

siofune_027.jpg

夕映えの光が、丘の杉木立をオレンジに染めた。
耳を澄ませば、どこからかヤマガラの声、そして、か弱く鳴くのはツグミだろうか?

siofune_028.jpg

懐かしさに見上げた空で、カラスと空中戦をしているものがいた。
真っ白に見えるのでシラサギかと思ったけれど、双眼鏡で覗いたら、鷹だった。
あの白さはオオタカだろうか?それともノスリだろうか?

鷹の写真は撮りそこなったけれど、上空を行くジェット機を撮ってみた。
白い機体が、太陽に照らされて透き通るように光る。

siofune_029.jpg

小さな湿地から湧き出る水が溜まって出来た池の周りに植えられた楓が色付き始めていた。

siofune_032.jpg

まだ、始まりの紅葉だけれど、綺麗…やっと秋に出逢えた気がした。

siofune_033.jpg

もう、森の中は薄暗くて、上手く撮れてないけど…
ボケボケの写真だけど載せてしまいます^_^;

siofune_037.jpg

ミヤマホオジロがいた梅林は、みんな切られてしまってすっかり景観が変わってしまっていた。
今年も、やって来てくれるのだろうか?
あの美しいレモンイエローの冬鳥、優しい小さな鈴のような声で囀っていた。
彼の鳥が巡り合わせてくれた人を想う…

siofune_046.jpg

夕暮れに、一際、明るい黄葉のエゴノキ…いつもヤマガラが集まっていたっけ。
とても静かな森の中を一人さ迷えば、思い出たちがわたしの名を呼ぶ…

siofune_060.jpg

ところどころに切り倒した枝が積まれた森の中、あの丸太の上でジョウビタキやルリビタキが囀っていた。
あら?どこかでキツツキのドラミングが聞こえる。初めてアカゲラを見たのもこの森だった。
氷雨が降る森の小道で、かじかむ手に息をかけながら、梢を見上げていた…
あの日のわたしが蘇る。

siofune_064.jpg

枝影でこそこそと、動いていたのは、美しい黄緑色の背中を持つシジュウカラたち。
いつも見かける鳥だけれど、週末の森で逢うと懐かしくてたまらなくなる。
だって、いつも群れをなして、わたしを呼んでくれたから…
忘れないよ…

咲き残った綺麗なアザミの花2輪…想いが立ち止まる。

siofune_077.jpg

わたしは、尾根へと登りあげた。いつか、必死にこの尾根を駆け上がり駆け下りた日があったな…
ふと見上げた空は、綺麗なオレンジ色に染まっていた。
わたしは、夕焼けを見ようと走りだした。

siofune_084.jpg

いっぱい走ったけれど、夕映えの方が早くて、追いつけなかった。
展望台に着いた時にはもう終盤だった。

siofune_089.jpg

それでも、焼けた雲の光が綺麗だった。

siofune_094.jpg

アップで迫ってみた。不思議な形の雲…もっと早く来たかったな。

siofune_096.jpg

あっ、松の木の下に見えているのは富士山だ!!

siofune_101.jpg

淡いピンクに霞む空に美しく浮かぶ富士山。

siofune_104.jpg

展望台で夕日の最後の色が消えていくのをじっと眺めていた。
これからは、また、週末の森に通おう…と、心の中で呟きながら。

siofune_110.jpg

スポンサーサイト

category: 森・山

CM: 4 TB: 0   

コメント

こんにちは

久しぶりに訪問させていただきました。

自転車でいけるところにこんな素敵な場所があるなんて素晴らしいことですね。
雲の写真にピンクが混じっていてきれいです。
昔・・・美術の先生が雲にピンク色を入れるように指導してくれたのを思いだしました。

どの写真も晩秋とは思えない風景です。

なんだかほっとして忙しさを忘れてしまいました。

keykun #dNXrvxao | URL | 2010/11/27 18:40 - edit

No title

夕焼けって本当に刻々と変わっていきますものね。私も車で走りながら、見晴らしのいいところに出たら車とめて写真撮りたいなって思っていても、撮れるところまで来たときにはもう色が失われていることってよくあります。
また週末の森ですてきな出会いがあるといいですね!

シュー #6AEdlCeU | URL | 2010/11/28 21:54 - edit

keykunさんへ

keykunさん、すっかりご無沙汰しております。お元気に活躍されている様子、
ブログを通して拝見しています。
週末の森と名付けたこの森は、里山に続く丘陵地帯で、冬から春にかけては、
冬鳥たちが観察できる雑木林や草藪がたくさんあります。
わたしが通い始めたのは、5~6年前ですが、昨年はすっかりご無沙汰でした。
今年はどんな冬鳥に再会できるのか、楽しみに訪れたいと思います。
コメントありがとうございました(^^♪

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/12/01 22:22 - edit

シューさんへ

シューさん、こんばんは(^^♪
週末の森を、また歩こう!そう思った日に、シューさんの野外手帳を拝見したら、
「時はいくかえりも同じ処を眺めているものにのみ神秘を説く」の記事を読みました。
まさに、タイムリーで、感動しました。
シューさんの灯台もと暗しの森と、同じように、わたしも週末の森を歩いてみようと思っています。
素敵な言葉を教えてくださってありがとうございます。
夕焼けは、これからしばらくは、ますます日が短くなるので、追いかけるのが大変そうですよね(笑)

sizuku #a8vfL3MM | URL | 2010/12/01 22:33 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sion920.blog74.fc2.com/tb.php/114-f88dc32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。