Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

旅の宿 河鹿園 

今年も、楽しみにしていた奥多摩分校の秋の遠足の日がやってきました。
例年なら、御岳山辺りの紅葉が最も良い時期とあって、早朝から御岳山行きのバスターミナルは長蛇の列です。
御嶽渓谷はと、御嶽大橋から眺めると、玉堂美術館前の大銀杏が、見事な黄葉に輝いていました。
遅くやってきた台風や長雨の影響で、今年は欅が茶色に枯れ葉がちじれてしまった樹が多いようですし、楓の紅葉が遅れていて、いまひとつ冴えないのが残念でした。

御嶽駅で、旧知の友との再会を果たし、御嶽園地へと向かいます。
この辺りは、多摩川が緩やかに蛇行し、流れが穏やかになる場所です。
深まった渓谷に紅葉した木々が映え、ひっそりと小さな美術館が二つあります。
御岳美術館とせせらぎ美術館で、御岳美術館のほうは、
川に面した洋風の建物でとても静かなホッとする空間です。
慎ましやかな佇まいのせせらぎ美術館は、艶やかな楓や欅とのコラボが美しく
隠れたビューポイントでもあります。

朝の光が、ちょうどよい具合に差し込み、木々の紅葉がスポットライトのように浮かび上がります。
鏡のように澄んだ流れは、濃いブルーに輝き、木々の彩をほんのりと
溶け込ませるように流れに映し出しています。
思い思いに撮影し、昼食にと決めていた奥多摩のお蕎麦の名店、丹三郎へと向かいますが、
本日は予約でいっぱいとのことでした。
茅葺屋根の古民家を利用したお店で、どこか懐かしい田舎の家に
帰ってきたような雰囲気の店内で美味しいお蕎麦を賞味したかったのですが残念です。
店の前の楓が、それは見事に真っ赤に紅葉していて、茅葺屋根に映えて美しいです。
散り敷いた落ち葉も、光りを浴びてとても綺麗に見えました。
植え込みに散った葉は、その一枚一枚に灯りが点ったように見えました。

もう一軒、近くに新しいお蕎麦屋さんが出来たのを確認していたので、
こちらのお店に行きました。
以前、鳩ノ巣にあったお蕎麦屋さんが移転したとのこと、応対してくれた女将さんも
明るくて大変感じのよい方でした。お蕎麦もおいしかったです。

食事を済ませ、車で海沢渓谷へ向かいます。
渓谷沿いの林道はやっと車が通れるくらいの道ですが、海沢園地まで入れます。
ここまで、車で入れば滝までは、ものの15分ほどで着いてしまいます。
最初の三つ釜の滝、その上の山道を辿ればねじれの滝へ、さらに30分ほど
山道を登って下れば、海沢大滝があります。
大滝までご案内すれば、素晴らしいのですが、今日の所は
明日の遠足本番を控えているので、無理せず、ねじれの滝までとします。

午後三時になったので、宿へと戻ります。
それぞれの部屋へと落ち着いたあと、さっそく、宿の周りや御嶽渓谷へと
散策に向かいます。
宿の真向かいは、川を挟んで玉堂美術館があり、そこの大銀杏が良く見えます。
黄昏時になり、辺りが急速に暗さを増してくると、いよいよ大銀杏が
ライトアップされました。

ちょうど、黄葉真っ盛りの美しい銀杏です。
ライトアップされると、藍色の夜空に燃え立たんばかりの美しさになりました。
わたしたちは、御嶽小橋というつり橋を渡りながら、何枚もシャッターを切り
感嘆の声をあげました。

白波を蹴立てて流れる多摩川の清流さえも、黄金色に染めるほど、大銀杏は
美しく輝きました。
そして、対岸の河鹿園の明かりは、昔ながらの暖色の温もりの色です。
ノスタルジックな昭和ロマンを感じられ趣があって素敵です。
わたしたちは、イチョウの下で、金色の葉を愛で、宿の灯りを愛でました。
川音は絶え間なく響き、こうして友とここに立っている事が嬉しかったです。

毎年、ひとりで見上げていた大銀杏を、こうして心の通い合う友と
一緒に見上げる喜びは、掛け替えのないものだと思えました。
わたしたちの帰りが遅いので、宿の番頭さんが、懐中電灯をいくつも
携えて迎えに来てくれました。本当に、心配りのある素晴らしい宿でした。
宿のお庭に戻ると、か弱く虫の音が聞こえます。
『残る虫ですね…』と、番頭さんがおっしゃいました。
もののあわれや、風雅の心を持った方だと感心しました。

大変、美味しい夕食をいただき、宿のギャラリーでは、思いがけず
宮沢賢治の世界を垣間見、たくさんの素晴らしい書も拝見出来ました。
そのあと、男性陣の部屋に集まって、友人の楽しいマジックショーを
ワイワイと楽しみ、童心に帰ってトランプ遊びに興じたり、
和やかで楽しい旅の宿の夜は更けて行くのでした。
絶え間ないせせらぎの音が、郷愁をそそる旅の宿をデジブックにまとめて見ましたので
よろしければ、ご覧ください。
下の画像かタイトルをクリックしてお入りください。

スポンサーサイト

category:

CM: 6 TB: 0   

旅の宿 

秋の旅情と言えば、拓郎の“旅の宿”が浮かんでしまう。
そんな世代です^m^

♪~浴衣の君は ススキのかんざし
  熱燗とっくりの首つまんで
  もう一杯いかがなんて
  妙に 色っぽいね

若い頃、とっても憧れた…
なんだかきゅんとくるシチュエーションだった。
好きな人と、こんなふうに旅が出来たらステキなのに…なんて

いまでも、旅に出たいと思うとき、この歌詞が浮かんできたりするのだった。
しっとりとした情緒溢れる旅の宿で、温泉に浸かりながら月を眺めてみたい。
浴衣に素足…湯上りの髪をまとめて、ススキをかんざしにするなんて、にくいなぁ。

そんな、旅の宿に泊まりました。
ただし、楽しい仲間たちと一緒です。
尾瀬がご縁で知り合った仲間たちと、6年ほど前から、
春と秋に奥多摩分校の遠足と称してオフ会を開催しています。
最初は、3人で始まったオフ会も、回を重ねるごとに仲間の輪が広がり、
今回は12人の方が参加してくださり、楽しい秋の一日を過ごすことが出来ました。

ensoku1_104.jpg

ensoku1_133.jpg

ensoku1_268.jpg

遠く京都や新潟からも遥々訪ねてきてくださいます。
本当に嬉しい事です。一年ぶりに再会する笑顔は何にも替え難いもの。
手を取り合い、肩を抱けば、昨日別れたばかりの友のよう…
心はほどけて、一瞬のうちに通いあうのです。
友達って、呼べる人たちがいてくれること、本当にしあわせです。
今回も、有志で、前夜泊をしました。
今年の宿は、御嶽渓谷に建つ河鹿園。明治創業の老舗旅館です。
昭和の風情が漂い、旅情満点の旅館でした。
写真をデジブックにまとめ、見ていただきたかったのですが、
まだ、整理が着きません<(_ _)>

おまけに、また明日から、今度は娘と日光にプチ旅行に出かけます。
昨年の、花巻に続く、母娘旅の第2弾です。
今年は、懐かしい渡良瀬渓谷沿いにドライブして日光鬼怒川温泉泊です。
出来たら、シャロムの樹にもう一度逢いたいと思っています。
そんな訳で、ブログの更新はもうしばらくお待ちくださいね。
追って奥多摩と、鬼怒川の旅の宿をアップしたいと思います。


category:

CM: 2 TB: 0   

続 秋の御岳渓谷 

紫の秋の花なら、野原アザミ、刺がないのがタムラソウ

mkeikoku10_099.jpg

こちらは、タカオヒゴタイ、アザミに似た花姿だけれど小さくて質素。

mkeikoku10_095.jpg

サラシナショウマの白い花穂が、風にそよぐと子猫のしっぽのよう。

mkeikoku10_102.jpg

やっと探した、たった一輪のリンドウの花
まだ、薄青い蕾のままに…つんと空を見上げている
もっともっと、青く染まれ…

mkeikoku10_108.jpg

白いレースのような、やわらかな花姿

mkeikoku10_120.jpg

だけど、ドクゼリという名だったね。花嫁さんのベールのように素敵なのにね。

mkeikoku10_197.jpg

こぼれたこの紅いの花は、なんの花だと思う?

mkeikoku10_115.jpg

拾い上げて、黄色い葉の上に乗せたら、かわいかった。

mkeikoku10_109.jpg

種明かしは、コレ! 最初は固い実がはじけて

mkeikoku10_117.jpg

こんなふうになって、実がこぼれた後のガク…
そう、ツリバナの実ガラ

mkeikoku10_119.jpg

ハリギリのとげとげの幹の先にも、秋がそっと…
これから、緑の葉は、シックな煉瓦色に染まっていく

mkeikoku10_132.jpg

サンショの実は、こんなにも赤く染まるのね

mkeikoku10_161.jpg

ヤマシャクヤクの実は、なんてエキゾチックなの
こんなにも色彩豊かに、どうどうと身をさらけ出している

mkeikoku10_199.jpg

たわわに実ったヤマナシの実
川に落ちたら、カニの親子が追いかけて川底を走るのだろうか?

mkeikoku10_237.jpg

黒いつややかな実は、ツヅラフジの実かな?

mkeikoku10_210.jpg

葉っぱの縁にきれいに並んだ秋の雫…

mkeikoku10_232.jpg

ヤマハッカの薄紫の花色がとても好き。
小さな花を数個づつ、何段もつける。

mkeikoku10_205.jpg

花が散ったあとの額も紫色の星屑の様で綺麗だと思う。
足元の草のなかを、そっと見てほしい…
よく見るとこんなにも綺麗なんだよ。

mkeikoku10_224.jpg

白地に淡いピンクの縁取りのサザンカの花を見上げた時、
ふわりと舞い降りた蝶…
「あっ、アサギマダラだ…」わたしは息を呑んだ

mkeikoku10_283.jpg

透きとおった水色の翅で、ふわり、ひらりと、たおやかに優雅に飛ぶ、
その飛翔からは、海を越えて渡りをする蝶だとは、とても想像できない。
でも、秋の初めに、鷹たちが力強い飛翔で果敢に渡りゆく、同じ空を
アサギマダラもまた、渡って行くのだという。
こんなに小さくて、儚げで、美しい宝石のような蝶なのに、
どこに、そんな力を秘めているのだろう。

mkeikoku10_315.jpg

「まだ、居たんだね。それとも、もう、渡れないの?」
カメラを向けた時、片方の翅が大きく破れている事に気が付いた
たった、一頭になってしまったんだね…
きっと、この蝶は、旅路の果てに、ここで終わるのだと思った。
サザンカの花から花へ、ふわり、ひらりと…

mkeikoku10_279.jpg

緑の葉を、そっと寄せてみたら、葉影に、いくつもの赤い実を隠していた。
こんなにも見事な球形の赤い実をそっと実らせていたのね。
いつか、鳥たちがついばみ、消えて行く定めなんだね。

mkeikoku10_337.jpg

ヤブミョウガの実は七色に変わるよ。
青、碧、翠、紺、紫、灰、白、そう、微妙な七色に…

mkeikoku10_366.jpg

スグリの実って、透きとおった赤い色をしている。
子どもの頃読んだ、外国の童話や小説の中に、「庭のスグリの実は…」
みたいな、フレーズがあって、イチイの木と同じくらい憧れていた。
いま、大人になっても、やっぱり外国の香りを感じる木なのだった。

mkeikoku10_368.jpg

かすかに咲き残った、晩夏の名残りのウツボグサ

mkeikoku10_352.jpg

これは、“冬のハナワラビ”という、素敵な名前が付いた草

mkeikoku10_354.jpg

セキヤノアキノチョウジという、長い名前のお花
群れて咲く青紫の花が綺麗で、見とれてしまう。

mkeikoku10_176.jpg

細い細い枝先に、いくつもの花がさいて、美しい。

mkeikoku10_191.jpg

そして、はらはらと散り敷いた姿も美しくて、思わずうっとりしてしまう。
儚げで、こぼれ萩と同じくらい情緒があると思う。

mkeikoku10_341.jpg

ピラカンサスが鈴なりになった小道を辿る。
この実は冬遅くまでついていることから、野鳥たちがよくやってくるのだった。

mkeikoku10_373.jpg

渓谷を流れる川が大岩を洗う音が響く。

mkeikoku10_375.jpg

山の麓を走り抜ける電車の音が響く。

mkeikoku10_379.jpg

河原には白いノギクが花盛り…
千草咲く道、秋の小道、

mkeikoku10_363_20111109000937.jpg

雨上がりの渓谷に続く道をここまで歩いて来て、
小さな目立たない草木や花に、心を通わせて癒されていた事に気が付いた。
秋の匂いに包まれながら歩いた小道。
秋ってもののあわれを感じる季節だと思った。
カラマツ林は無かったけれど、北原白秋の落葉松の一節をつぶやいた。

からまつの林の雨は
さびしけどいよよしづけし。
かんこ鳥鳴けるのみなる。
からまつの濡るるのみなる。

世の中よ、あはれなりけり。
常なれどうれしかりけり。
山川に山がはの音、
からまつにからまつのかぜ。

ああ、今度は、晩秋の落葉松の小道を歩きたくなった。

category: 森・山

CM: 2 TB: 0   

秋の御嶽渓谷 

深まりゆく秋を感じながら、御嶽渓谷を歩いた。
静かに秋をささやくモノたちを、出逢った順に書き綴ってみたら、
秋の詩が聴こえるかしら…

mkeikoku10_037.jpg

晩夏の名残りのツリフネソウのあかい舟

mkeikoku10_007.jpg

金平糖のように愛らしいミゾソバが群れて咲く川岸

mkeikoku10_008.jpg

ゲンノショウコは淡い花色をさらに淡く滲ませていた

mkeikoku10_014.jpg

森影の草むらで、ミズヒキは、紅の糸を絡ませるようで…

mkeikoku10_026.jpg

なぜか、雫も。いとおしい

mkeikoku10_024.jpg

キバナアキギリの花は、不思議な形、わたしには、可愛い黄色の蛇に見える
紫の蕊は、チロチロとのぞく舌…

mkeikoku10_033.jpg

まっかなクコの実は、ちいさなランプが灯ったようで

mkeikoku10_040.jpg

色づく柿の実は秋の色、そう、夕日色…

mkeikoku10_042.jpg

サザンカは愛らしい少女のリボン

mkeikoku10_050.jpg

水際のフトイの陰に隠れているのは誰かしら?

mkeikoku10_054.jpg

きれいな緑色のイトトンボ…あなたも役目を終えて、もうじき逝くのね

mkeikoku10_058.jpg

ニシキギは、色づき燃えいずる前に、かわいい赤い実を付ける

mkeikoku10_061.jpg

よく見ると、赤い顔に黒い帽子をかぶってるみたい。

mkeikoku10_372.jpg

カラタチの花が咲いたよ 白い白い花が咲いたよ
カラたちの刺は痛いよ 青い青い針の刺だよ
カラタチは畑の垣根よ いつもいつも通る道だよ

カラタチも秋は実るよ まろいまろい金のたまだよ
カラタチのそばで泣いたよ みんなみんなやさしかったよ

カラタチの花が咲いたよ 白い白い花が咲いたよ

北原白秋の詩を思い出す。

mkeikoku10_070.jpg

ムラサキシキブの実、園芸品種のコムラサキではなくて野山に自生しているもの
質素で、それでいて情緒があると思う。

mkeikoku10_075.jpg

マムシ草の赤…花は目立たず地味な花だけれど、実るとこうして自己主張する
それは、自分を投げ出して子孫を残すためなのだってね…

mkeikoku10_133.jpg

ゼリービーンズのような、きれいな赤い実
なんの実だったかしら?

mkeikoku10_078.jpg

こんなに、たわわに実っているのに、忘れてしまった…ごめんね。

あっ!思い出したよ。
まだ浅い春、あなたは冬枯れの森でいち早く黄色い花を咲かせた。
枯れ色の枝先をびっしりと埋めて、まるで、樹全体が萌えているように
煙って見えた。
春を告げた黄色い花は、秋にはびっしりと真っ赤な実をつけたのね。
なんて、健気なのだろう…あなたの名はサンシュ
もう、けして忘れはしないよ。来春、また花を咲かせてね。

mkeikoku10_088.jpg

続きます。

category: 森・山

CM: 2 TB: 0   

紫苑咲く頃…2 

みんなの原っぱは、とても広大な敷地に、原っぱが広がっている所。
原っぱの中央には、シンボルツリーの樹形の美しい大きな樹が
聳えている以外、何にもない原っぱがひろがっています。

syouwa10_177.jpg

人々は、この原っぱで思い思いに過ごしています。
キャッチボールをする人、バトミントンをする人、
バレーボールをする人、カイトをあげる人、
たくさんの人が、いろんなことをしているのに、
ちゃんと譲り逢えてるところが、何だか心地良いのでした。

syouwa10_166.jpg

てっちゃんもボールを蹴って遊びました。

syouwa10_189.jpg

子どもたちが遊ぶ遊具もあって、飽きずに遊んでいます。
最初の頃はぎこちないけれど、だんだんと譲り合ったりして
小さな子供なりに暗黙のルールが出来てくるようです。
てっちゃんも、遊具ではちあわせになると、『どーじょ~!』なんて言って譲っていました。
譲られた子も、『ありがと…』なんて答えています。
なんとも微笑ましかったです(*^_^*)

syouwa10_126.jpg

この日は、みんなの原っぱで、野外コンサートが開かれていて
みなさん、思い思いの場所で、芝生に座って聴いています。

syouwa10_137.jpg

いろいろなアーティストたちが、演奏したり歌ったりしていましたが、
こちらのグループは、口笛でいろんな曲を聴かせてくれました。
なかでも、少年時代と蘇州夜曲は凄く素敵で、てっちゃんを遊ばせながら聞き入ってしまいました。

この子も、ご主人と一緒に聴いていました(*^_^*)

syouwa10_138.jpg

どんぐり共和国と言うコーナーもあり、バケツのドングリを拾い集めて、
丸太で作ったやぐらの上に上り、鉄でできたパイプの中を通して、またバケツに戻すというもの。
ただそれだけの繰り返しなのに、たくさんの子どもたちが夢中になっています。
小学生ぐらいのお兄ちゃんが、小さい子たちに教えてあげたりしています。
てっちゃんもどうするかな?と思っていたら、ちゃんとルールに従って遊んでいました。

syouwa10_215.jpg

もう、4時になります。まだ遊んでいたそうなてっちゃんを促して帰り支度です。
コンサートは、違うグループがジャズを歌っていました。
夕暮れが迫り、ほんのりと暮れて行く原っぱに、心地良いボサノバも流れ、いいムードです。

syouwa10_213.jpg

ふと森の中をみると、なんと、見たかった紫苑の花が群生していました。
「てっちゃん、ちょっと待ってネ!ばぁばは、お花を撮るからね。」と、
てっちゃんの手を引いて花の側に行こうとすると、
『わぁ~!キエイ(きれい)』と、目を輝かせます。
「てっちゃん、綺麗ってわかるの?すごいね~♪」なんて言って
ばあ馬鹿ぶりを発揮して、頭を撫ぜてしまいました(笑)

syouwa10_198.jpg

不思議です。ほんの一角だけに、こんなにいっぱい紫苑の花が咲いているなんて…

syouwa10_200.jpg

微かな風に揺れている薄紫の花…やっぱり、好きです。
今年も紫苑の咲く頃に、こんなにも綺麗なお花に逢えて幸せでした。

syouwa10_202.jpg

category: 森・山

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。