Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

素敵な出逢い 

谷中散策のおり、前日下見をしてくださったジークさんが、ちょっと道を間違えてしまいました。
これは、わたしも良くあることです。一生懸命下見をしたのに、どうしてかな?なんて思うような
勘違いが、間々あります。

yanaka-13-11_004.jpg


ジークさんは、しきりに『おかしいなぁ?昨日来たばかりなんだよ。』と首を傾げます。
「大丈夫ですよ。ジークさん。わたしも良くあるのよ。道は繋がっているからのんびり行きましょう。」
と言うのですが、ジークさんは一生懸命道を探そうとされています。

保育園児の遠足かな?ひよこの遠足みたいでかわいいです。
「ほら、こんなかわいい光景にも逢えたし、いいじゃないですか、ね!」

yanaka-13-11_001.jpg

すると、こいちゃんが、この近辺に大学時代のご友人がいらっしゃることを思い出しました。
早速、電話をして、急遽、お宅にお邪魔する約束を取り付けてくださいました。
なんでもご自宅にプチ画廊を持っていらっしゃるとのこと。その画廊を拝見させていただけるそうです。
「そんな、急にわたしたちまで、ご迷惑じゃないですか?申し訳ないわ…」と、思ったのですが、
こいちゃんは、『大丈夫、気さくなご夫婦ですから、さぁ、行きましょう』と強気です。

道を間違えてしょげていたジークさんを励まそうと、こいちゃんが急遽考えてくださったのだと
気付き、ここはお言葉に甘えて伺うことにしました。
Hさんご夫妻は、とても暖かく、嫌な顔一つせずに、わたしたちを迎え入れてくださいました。
ご主人様は、わたしたちのために4人分の谷中の資料を準備してくださいました。
奥さまは、美味しいお茶とお菓子でおもてなししてくださり、ジークさんのお気持ちにも
心を砕いてくださるとても優しい方でした。

そして、わたしたちは、ご夫妻が所蔵していらっしゃる素晴らしい絵画を見せていただきました。
その作品については安曇野さんさんが、ブログにレポしていますので、よろしければご覧ください。

その画家の名前は、玉之内満雄さんと言い、ご主人の小学校時代の恩師だそうです。
39歳で画家に転身され、フランスに修行に行かれたそうです。
生涯を通して、“枯れたひまわり”が統一テーマだったそうです。

画家のお母様が、題材となるヒマワリを栽培され、枯らせて届けていらっしゃったお話や、
玉之内画伯の素晴らしい人となりを感じさせるような美しいエピソードの数々など、大変興味深い
お話をお聞きすることが出来ました。ご主人の教養深く温和なお人柄を感じさせていただき
本当に有意義な時間を過ごさせていただきました。

なんて素晴らしい絵でしょう。ゴッホの絵を思わせる素晴らしい作品でした。

yanaka-13-11_005.jpg


こちらは、フランスの古城を描いた2点です。

yanaka-13-11_007.jpg


まるで、中世の画家が描いたような、重厚さを感じさせる絵画に見入ってしまいました。

yanaka-13-11_006.jpg

他にも素晴らしい静物画など多数あったのですが、写真に撮りそびれました。
すっかり長居をさせていただきましたが、お暇乞いをし谷中散策に出かけることにしました。
ジークさんは、奥さまから、懇切丁寧に道順を教えていただいて納得されたようでした。
道路までお見送りしていただき、わたしたちは張り切って散策に出発しました。

ジークさんが道を間違えてしまったのと、こいちゃんの機転のお陰で、素晴らしいご夫妻に出逢えました。
人生は、計画通りには進まないもの…でも、時として、こんなハプニングが起こるから素敵なんだと思います。
そして、友情って素晴らしいです。こいちゃん、Hさんご夫妻、本当にありがとうございました。

この先の谷中散策は、前回のブログにアップしたデジブックをご覧くださいね。
そうそう、スカイツリーも見えていましたっけ(^_-)

yanaka-13-11_238.jpg


むかし懐かしい谷中を散策した帰り道、何だか急に故里が懐かしくなり実家に立ち寄りました。
谷中で見たお魚屋さん。あの佇まいが、子どもの頃、よく母と買い物に行った商店街のお魚屋さんに
良く似ていて、それで懐かしくなったのかもしれません。そのお魚屋さん、今はもう無いのですけれど…

おじさんとおばさんが、優しくて、いつも声をかけてくれたっけ。
『〇〇ちゃんは、お刺身好きだから、おまけしとくよ。』なんて…

yanaka-13-11_078.jpg


最寄りの駅を出ると、子どもの頃とはすっかり変わってはいますが、学生の頃通った駅の雰囲気は、
あちらこちらに、何故かうずくまるように残っているものですね。

yanaka-13-11_264.jpg


自転車預かり屋さん。正式名称は何て言うんだろう?自転車をちゃんと屋根のある土間で預かってくれます。
周りはいくら変わっても、このお宅のこの風景は子どもの頃と少しも変わっていません。昔のままです。

yanaka-13-11_254.jpg


ちょっと薄暗い路地裏…子ども心に、“あやしい…”と思って絶対に通らなかった道です。
いつも横目で見ながら通り過ぎてました。今なら平気ですけれどね(笑)

yanaka-13-11_255.jpg


小さな遮断機のある人だけが通れる踏切です。

yanaka-13-11_260.jpg


遮断機が下りて、目の前を通り過ぎた列車は、“銀河鉄道999号”でした。
車体に描かれたメーテル、判ります?

yanaka-13-11_258.jpg


そして、石屋さん。時々、墓石に混じって、観音さまが彫られていたりしていたなぁ。
ほら、無造作におかれている、この狛犬みたいに雨ざらしで置かれていたっけ。
子どもの頃は、なぜ、ここにあるのか意味が分かりませんでした。
今は、こういう石像もコンピュ―ターで掘るのでしょうか?

yanaka-13-11_261.jpg


昔からある、お饅頭屋さん。変わらない佇まいです。

yanaka-13-11_262.jpg


そして、小さな路地を入って、閑静な住宅街の中の坂道を降りて行けば…
懐かしい故里の我が家は、もうすぐそこです。

yanaka-13-11_265.jpg
スポンサーサイト

category:

CM: 4 TB: 0   

お元気ですか? 

もう、何年来のお友だちだろう…
わたしが、尾瀬に通い始めた頃、尾瀬ヶ原の竜宮小屋で知り合ったジークさん。
まだ、尾瀬でも女性の一人山旅が珍しかった頃でした。
カメラ片手に木道を歩いていると、必ず何人かの人に『お一人ですか?』と聞かれたものです。
山小屋で同室だった女性Hさんと、同じカメラサークルで来られていたジークさんと談話室で
ご一緒に尾瀬や写真のお話しで話が弾んだたのがきっかけでした。
ホームページを持っていらっしゃると言うことで、わたしも、その頃ホームページを立ち上げた
ばかりでしたので、BBSでの交流が始まりました。



《ジークさん、お元気ですよ(^^)懐かしい方もたくさんいらっしゃると思うので一枚お写真を…》

yanaka-13-11_012.jpg


そう、ホームページを立ち上げたのは、2000年ですから、もう、13年来のお友達なのでした。
ジークさんは、人生の大先輩です。なんとなくわたしの父に面影が似ていらっしゃると感じていました。
数年前、最愛の奥さまに先立たれ、今はお一人で暮らしていらっしゃいます。
以前は、奥多摩分校の遠足にも毎回参加してくださっていたのですが、最近は山道は無理と
一昨年以降、参加されなくなっていました。
今年のお正月にこいちゃんとジークさんの三人で、鎌倉を歩いたのが最後です。
夏に一度ご連絡したきり、月日が経ってしまいました。
どうしていらっしゃるだろう?と気になっていたのですが、やっとご一緒する約束が取れました。

11月8日、奥多摩分校仲間のこいちゃんと、安曇野さんとジークさんとわたしの4人で
日暮里、谷中界隈を散策してきました。途中、こいちゃんの大学時代のお友達のHさん宅の
素晴らしい画廊を拝見させていただくというハプニングも起こり、大変素晴らしい散策でした。
そちらのお話はのちほど、まずは、デジブックで、ご覧ください(*^_^*)v


category:

CM: 2 TB: 0   

釜の淵公園 

青梅の街中を走り抜け、釜の淵公園のパーキングに車を止めます。
長年、青梅に住んでいながら、安曇野さんは初めての場所です(笑)
ここは、多摩川が大きく蛇行して、まるでヘアピンカーブよろしく湾曲して流れていく場所です。
川幅も広く、流れも上流の鳩ノ巣渓谷や御岳渓谷あたりの荒々しさはなく、緩やかで穏やかになります。

oume2-13-11_151.jpg

oume2-13-11_154.jpg

二つの橋で渡る中州になった部分の森や、川沿いの桜並木や銀杏並木などを、釜の淵公園と呼び、
かんぽの宿や、青梅郷土博物館などもあり、散策には変化もあって良い場所です。


中州にある森は、自然を生かした散策コースにもなっていて、常緑樹の中に点在する落葉広葉樹の
紅葉し始めた木々が美しいです。


トチノキの黄葉が透過光で輝きます。

oume2-13-11_155.jpg


落葉し始めたカツラの黄葉

oume2-13-11_156.jpg


メサテコイヤの並木は、まだ、紅葉には少し早いですがオレンジ色に色付く頃は
まるで、外国の公園のように美しいです。

oume2-13-11_211.jpg


oume2-13-11_204.jpg


中洲を挟んで反対側を流れる川は、とても長閑でこんな景観が広がっています。

oume2-13-11_159.jpg


川が大きく蛇行した場所。紅葉が青い川面に映り込みます。
釣り人ものんびりと釣り糸を垂れていたり、この橋の上から眺める景色が好きです。
いつも、川の上を、心地よい風が吹いているみたいで…

oume2-13-11_163.jpg


下流側はこんな風景です。土手の桜並木が紅葉し始めています。

oume2-13-11_160.jpg


上空では、トビも悠々と風に乗り舞っています。

oume2-13-11_169.jpg


鮎実橋を渡りながら、『とっても気持ちいい場所ねぇ!』と、はるかちゃんが呟きます。
ほんと、ここはいつ来てもゆるくて、時間がゆっくりと流れているようなそんな場所です。

さぁ、次は、あの場所です。週末カフェのティールームさん。
今日は、火曜日なのでお休みなのですが、どうしても週末は来れないはるかちゃん。
先日、ティールームに行った時に、オーナーさんに、お休みの日もお庭を見せていただけますかと
お願いしておきました。快く、OKしてくださったので、今日、ここに来たわけです。

oume2-13-11_173.jpg


やっぱり、クローズだと、ちょっと寂しいですが、このお店の雰囲気だけでも…

oume2-13-11_174.jpg


oume2-13-11_185.jpg


白が基調になった寄せ植え、冬のイメージですね。

oume2-13-11_179.jpg


ウッドデッキのテラス席には、落ち葉が散り、秋の深まりを見せています。

oume2-13-11_175.jpg


午後の陽射しがゆっくりと射しこみ、テーブルの影を落とします。

oume2-13-11_184.jpg


お休みの日はちょっぴり淋しかったね…他のお店に行った方が良かったかしら?
はるかちゃん、ごめんね

oume2-13-11_186.jpg


落ち葉が散り敷いた庭の植え込みには、秋色のコスモスやビオラの花が、落ち葉に
溶け込むようにひっそりと咲いています。

oume2-13-11_187.jpg


カツラの落ち葉から、ほんのりと立ち昇る甘い香りが鼻をくすぐります。
お醤油の香ばしい香りにも似ているんですよね。

oume2-13-11_189.jpg


うさぎさんのオブジェも、何だか秋を楽しんでいるみたい。

oume2-13-11_190.jpg


枝に残ったカツラの黄葉は、青空に眩しくって、本当に綺麗です。
カツラの樹が好きなので、こんな姿を見ると嬉しくなるんです。

oume2-13-11_201.jpg


oume2-13-11_197.jpg


扉に飾られたリースは、早くもクリスマスバージョンでしょうか。

oume2-13-11_194.jpg


高速が混み始める前に、そろそろ、はるかちゃんが帰らなければならない時間です。
ティールームのお庭に別れを告げました。いつか、暖かなお部屋で美味しいお茶とケーキを
頂きながら、ゆっくりお話ししたいね。

oume2-13-11_203.jpg


ほんの短い散策だったけれど、釜の淵公園を後にして帰りに向かいながら、
はるかちゃんは、『とても楽しかったよ。ありがとう』と喜んでくれました。

oume2-13-11_208.jpg


そして、帰り道、わたしの自転車散歩道の週末の森と塩船観音寺に、ちょっとだけ寄り道

oume2-13-11_212.jpg


長閑な里山風景の霞川沿いを通って、我が家に着きました。
もう、稲刈りは終わって、はさ掛けが並ぶ風景でした。
『青梅って、本当にいろんな顔があって面白いね。閑静な住宅街からちょっと出たら、もう、こんな里山が
あって、また、少し行けば、すぐに山が迫っている。川の流れも変化があるしね。』
と、はるかちゃんが言ってましたけれど、本当にその通りだなと思います。

oume2-13-11_213.jpg


まぁ、どこにでもある田舎の街なんですが、わたしは気に入ってます。
はるかちゃんは、また、超距離を運転して帰って行きましたが、とても楽しいひと時でした。
安曇野さんも、はるかちゃんが我が家を訪ねてくれてとても嬉しかったようです。
はるかちゃん、また、遊びに来てくださいね(^^)v

その晩、はるかちゃんに頂いた、新鮮な魚介類で、お刺身と海鮮寄せ鍋で暖まりました。
はるかちゃん、大変、ご馳走様でしたヽ(^。^)ノ

category:

CM: 2 TB: 0   

聞修院 

こちらのお寺は、茅葺屋根がとても美しいので、はるかちゃんと安曇野さんを案内します。
入り口には、“雨にも負けず”の詩が書かれていました。
思わず、はるかちゃんと立ち止まります。わたしたちは賢治さんが大好きだから…


oume2-13-11_054.jpg


古い山門をくぐり、奥へ向かう真っ直ぐな参道を辿ります。

oume2-13-11_060.jpg


背後に山が迫り、静かな佇まいの本堂が見えます。

oume2-13-11_065.jpg


車道からわずかに奥へ入っただけなのに、この静けさに何だか感動します。

oume2-13-11_069.jpg


銀杏や楓も色づき始めていました。

oume2-13-11_068.jpg


美しい心字池が水面を黄葉に染めていました。

oume2-13-11_084.jpg


水面に、陽が差して、千路に割れ、池の鯉も、ただ、心の向くままに泳いでいるみたい。

oume2-13-11_086.jpg


コミネモミジの下に置かれた瓶の水面を覗いてみました。睡蓮の葉が数枚…

oume2-13-11_095.jpg


庭仕事をしている方に挨拶をしたら、ご親切にお寺の案内をしてくださいました。
思いがけず、本堂にも上がらせていただき説明してくださいました。
囲炉裏ですすけた屋根に使われていた竹で編んだ珍しい竹壁で、虫が付いたりしないそうです。
今では、茅葺屋根も囲炉裏も無くなり、煤けるまであぶられた竹がないので、作られなくなってしまったそうです。わたしたちも初めて見ました。

oume2-13-11_103.jpg


素晴らしい書の襖

oume2-13-11_104.jpg


珍しい障子です。夏は障子の部分を取り外すと桟だけになるのです。
昔の人の知恵ですね。

oume2-13-11_120.jpg


裏庭には、蔵もありました。

oume2-13-11_107.jpg


裸電球の燈る堂内です。

oume2-13-11_109.jpg


一通り、内部を案内していただき、お庭に出ます。

oume2-13-11_121.jpg


少し高台になった不動堂からの景色が良いのでぜひ、見ていかれると良いですよと勧められ
わたしたちは石段を登ります。

oume2-13-11_122.jpg


大銀杏の幹に生えたシノブが綺麗に黄葉し始めていました。

oume2-13-11_145.jpg


階段を登り上げるとこんな景色が広がります。

oume2-13-11_134.jpg


山に囲まれた本堂が美しく望めます。

oume2-13-11_136.jpg


周りの楓が紅葉したらさぞ素晴らしい景観でしょう。水墨画の世界ですね。
日本昔話の世界でもあります。カモシカやキツネやタヌキも生息していて、時々見かけるそうです。

oume2-13-11_138.jpg


わたしたちは、案内してくださった方にお礼を申し上げ、お寺を後にしました。
こんな素朴なお寺も良いものです。

それでは、青梅坂を下って、釜の淵公園へと向かいましょう。 続きます。

category:

CM: 0 TB: 0   

青梅LOVE♡Ⅱ 

TeaRoomを、後にして、近道を通って青梅駅に戻り、遠足の下見に御岳渓谷へと思っていたら、
なんと、駅で気になるパンフレットを見つけてしまいました。
“懐かしの鉄道コレクションワールド”…これは、行くしかないでしょ!!ということで(*^_^*)
ふたたび、路地裏のこんな道を辿ります。

oume-13-11_261.jpg



青梅の商店街はクラッシックなお店が軒を連ねています。

oume-13-11_263.jpg



こちらは、昭和レトロな商品を集めたその名も“昭和レトロ商品博物館”
昭和っ子には、とっても懐かしい、品々に出逢える不思議な博物館(*^_^*)

oume-13-11_270.jpg



猫街と言われている青梅は、バス停までも可愛らしいでしょ(*^_^*)

oume-13-11_275.jpg



着きました!!昭和幻燈館です(*^_^*)
青梅駅まで、ぶらり5分、東青梅駅まで、ぶらり15分、こんな案内板もほっこりします。

oume-13-11_278.jpg



昭和幻燈館は、とても小さなスペースですが、いつも所狭しといろんなものが展示されてます。
チケットを購入したら、今回は特別にこんな切符を切ってくれました(*^_^*)

oume2-13-11_007.jpg


けっこう、テツコなわたし、ワクワクしながら早速入館です。
『いらっしゃいませ、なんでも判らない事があったら聞いてください(^^)』と、声をかけられました。
見ると背の高い係りの男性がいました。聞くと、現役の運転手さんだそうです。
今は、新幹線を運転されているとか…へぇ~!凄いなぁ。

列車のプレートが並んでいます。“十和田”は乗ったことがあったかも?

oume-13-11_281.jpg



昔の青梅駅のジオラマ、とっても良くできていますね。

oume-13-11_283.jpg



こちらは、現在の青梅駅の夜の景色。列車の窓の明かりがリアルです(^^)

oume-13-11_286.jpg



鉄道模型、多分、列車が走るんだと思います。いいなぁ(^^)

oume-13-11_288.jpg



懐かしい発車時刻表、わたしが学生の頃って、こんなだった気がする。

oume-13-11_290.jpg



運賃表、一駅区間が10円、なんと、東京駅までは160円、いったいいつの頃の運賃かしら?
安いのか?高いのか?時代背景が判らないから、何とも言えないけれど…

oume-13-11_289.jpg



駅のホームの柱に取り付けてあった駅名のプレートですね。懐かしい~♪

oume-13-11_292.jpg



列車の行先区間を表示したプレート。確か、列車の扉の近くに掲示されていたっけ。
現在は、電光掲示板ですものね。

oume-13-11_296.jpg



あ!!このプレートは、つい最近まで見ていたオレンジ列車のものだ!!懐かしいなぁ(^^)


oume-13-11_307.jpg



あのオレンジの列車は、201系って言うんだ、懐かしいなぁ(^^)
奥多摩の山に向かうこの列車のオレンジ色の車体が、山々や山間の鄙びた駅に、とっても良く似合っていた。

oume-13-11_339.jpg



ジオラマもありました~(^^)
先ほどの係りの方にお聞きしたら、現在、この列車は1台だけ、豊田駅の車庫に保管されているのだそうです。
なんと!!それは嬉しい。今度、ぜひ、逢いに行って来よう!(正真正銘のテツコですね)

oume-13-11_317.jpg


oume-13-11_330.jpg



こちらは、東京駅のジオラマです。良くできていますね。駅の後ろには新幹線。


oume-13-11_310.jpg




東京タワー 3丁目の夕陽という題名でした。

oume-13-11_295.jpg


こちらは、天覧列車だそうです。

oume-13-11_320.jpg


若いテツコちゃん?も見学していました。

oume-13-11_340.jpg


架空の猫街、青梅… でも、どこかにありそうです(^^)

oume-13-11_297.jpg


ノスタルジックな昭和初期の街

oume-13-11_302.jpg



昭和30年頃の写真も飾られていました。

oume-13-11_344.jpg



紙芝居屋さん、子どもの頃、見た覚えがあります。

oume-13-11_343.jpg


みなさん、マニアックな世界にお付き合いいただいてすみません^_^;
幻燈館を後にして、今度こそ駅に向かいましょう。

oume-13-11_351.jpg



道路に埋め込まれたタイルがおもしろいなぁと、撮りながら…(笑)

oume-13-11_352.jpg



かわいい♪ どんぐり♪

oume-13-11_353.jpg



駅の通路も映画看板

oume-13-11_366.jpg



ホームにもレトロがいっぱい

oume-13-11_367.jpg


oume-13-11_368.jpg



沢井駅で降りました。駅舎の屋根がお寺の駅です。

oume-13-11_390.jpg



青梅には茅葺屋根のお寺がたくさんあります。ここのお寺も山寺の風情で美しいです。

oume-13-11_376.jpg



なんだか、いいでしょう(^^)ツワブキの黄色い花が咲いていました。

oume-13-11_381.jpg



造り酒屋の板塀が続く坂道を下って行きます。

oume-13-11_397.jpg



すると、御岳渓谷に突き当たります。少し黄葉し始めたケヤキです・

oume-13-11_401.jpg



対岸の楓も少し色づき始めました。

oume-13-11_404.jpg



緩やかに蛇行する渓谷の遊歩道を辿って行きます。


oume-13-11_425.jpg



この花は、ヤマラッキョウでしょうか?

oume-13-11_412.jpg



民家の可愛いオブジェとツワブキの花

oume-13-11_431.jpg

oume-13-11_432.jpg


野菊とイヌタデが咲く遊歩道

oume-13-11_428.jpg



多摩川の青い水面

oume-13-11_440.jpg



御岳小橋とカエデ

oume-13-11_437.jpg




玉堂美術館の大銀杏は、ほんのり黄色く色づき始めました。

oume-13-11_449.jpg



夕暮れの迫る渓谷を後に、緩やかな石段を辿り御嶽駅へ。
途中でちょっと寄り道したので、今日の散策はここまででした。

oume-13-11_446.jpg

category:

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。