Admin New entry Up load All archives

風立ちぬ

日々の想いを風に乗せて…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

新井幸人先生と行くフォトツアー 

尾瀬友のshinさんのお誘いで、新井幸人先生のフォトツアーに参加させていただきました。
新井幸人先生は、尾瀬を撮る写真家としても第一人者だと思います。
わたしが、20数年のブランクを経て、尾瀬を訪れた時、ビジターセンターで思わず手に取り
購入したのは、新井幸人先生の写真集でした。
美しい尾瀬の魅力あふれる写真の数々に、長い事憧れていました。

その先生の撮影会ですから、ドキドキして当日を迎えました。
でも、一緒に参加してくださるshinさんや、よしころんちゃん、安曇野さんのお陰で
大変楽しく、一日を過ごすことが出来ました。
そして、講師の新井先生のユーモア溢れる優しいご指導で、撮影会は和気藹々のうちに
緊張することもなく、自分らしいスタイルで参加させていただく事が出来ました。

akagi-13-11_422.jpg


天候は、今にも雨が落ちて来そうな曇天ながら、降られることもなく良かったです。
撮影日和ではなかったのは残念ですが、わたし的には、こういう日の撮影方法など
大変勉強になりました。
『こんな天気なら、むしろ、少し降ってくれた方がいい。雨に濡れた紅葉はそれなりに
ハッとするような、いい色合いを出すんですよ。』という先生の言葉が印象的でした。

最初に、撮影したのはこのメグスリノキでした。
『お天気が悪く、光が足りないので、空をバックに撮影に下から撮影しましょう。
広角で広範囲に撮るもよし、望遠で切り取るのも良し、自分の思い通りに撮ってみてください。
この時、なるべく白い空を入れないように。紅葉の色を出すためには、1~2段ぐらい
プラス補正しましょう。』先生のアドバイスはこうだったと思います。

わたしは、望遠で切り取ることにしました。

akagi-13-11_425.jpg

森の中を、先生はゆっくりと進みます。
そして、被写体のある撮影ポイントで立ち止まり、アドバイスをされ、それぞれに撮影しながら
質問をしたり、先生のカメラのファインダーを覗かせていただき構図の勉強をさせていただいたりしました。

でも、わたしは、撮りたいものがたくさんあったのと、慣れない三脚撮影に悪戦苦闘で終始遅れがち…^_^;
せっかくの講習も聞きそびれたことが多々あったと思います。(反省)

akagi-13-11_778.jpg


akagi-13-11_504.jpg


akagi-13-11_429.jpg


akagi-13-11_488.jpg


『今年は、夏が暑くて長引いたのと、秋の長雨で紅葉の色付きが今一つですが、実物が良いです。
ここ、赤城自然園にはたくさんの実がありますので、撮ってみましょう。』
そう、おっしゃって、先生は、ピンク色の実をたくさんつけたマユミの木の下に立ちました。

入り組んだ枝に、びっしりと付いた実、目で見るとそれは美しいのですが、どう撮ったらいいのか?
わたしは、斜めのラインになる枝を探して望遠で切り取ってみました。

akagi-13-11_514.jpg


周りを見回すと、たくさんの実がなる木が…(*^_^*)

松葉が二つ、ニシキギの実にひっかかっていて、可愛いなぁ♪と思って撮りました。

akagi-13-11_511.jpg



こちらもニシキギの実です。寄り添っているような実に、バックの木の間越しの柔らかい光が
スポットライトのように見えたので、パチリ!

akagi-13-11_703.jpg


ツリバナの可愛い実が、ふたつ下がっていました。枝が高い位置にあって、三脚を思うように使えず
なかなか、イメージする2ショットを捉えることが出来ません。自分がかなり姿勢を低くして撮りました。

akagi-13-11_668.jpg


コバノガマズミのまばらな感じの実が、まるで星座のようだと思って撮りました。
一枚舞い降りた枯れ色のコナラの葉に、雨の雫が付いていて、その葉にもピントを合わせたものと
2枚撮りましたが、こちらの方が、やっぱりいいかなと自己判断です^_^;

akagi-13-11_721.jpg


美しいムラサキシキブの樹がありました。たくさんの実が付いて綺麗です。
さて、どう撮ろうか?何枚も撮った中の一枚です。

akagi-13-11_593.jpg


そして、大好きなリンドウが… たくさん咲いていて、ああ、綺麗❤
何枚も撮ってしまいました。

akagi-13-11_522.jpg


akagi-13-11_525.jpg


akagi-13-11_541.jpg


akagi-13-11_573.jpg


雨の雫をまとった被写体もたくさんあって、マクロレンズに付け替えて、ジベタリアン(笑)

akagi-13-11_567.jpg


akagi-13-11_564.jpg


akagi-13-11_836.jpg



途中、みずすましの池で、弱い雨が降り出しました。
ポツン、ポツンと雨音が聞こえそうな、水面の雨粒の波紋が綺麗です。

akagi-13-11_682.jpg


『この景色をワイドで撮るか、望遠で撮るか。また、水面を多く撮るか、林を多く撮るか。
それに寄って、気になるものが変わります。ワイドで撮る場合は、四隅に余計なものが入らないよう
中央に目立つ大きな樹がないかなどに、気を配りましょう。望遠で撮る場合は、前方に余計な枝がないか
気を配ってください。』と、先生のご指導でした。

わたしの撮ったこの写真を見ていただきましたら、手前の枝が被らない場所を探しなさいと
アドバイスしていただきました。ワイドなら気にならないし、マクロならボケにもなるが、望遠だと
綺麗な前ボケにならないからとの事でした。なるほど!さすがです。

akagi-13-11_689.jpg


これは、先生に見ていただきませんでしたが、自分ではお気に入りの一枚です。
オヤマボクチの色合いと、背後の色合いと光ボケが気に入りました。でも、構図はあまり良くないかも?
光ボケを重視したのでこんな構図になりましたが、もうちょっと良いアングルがあったはずだと思います。

akagi-13-11_549.jpg


そして、色とりどりの落ち葉シリーズです。
わたしは、落ち葉って、秋の森の主役の一つだと思っています。

akagi-13-11_654.jpg


akagi-13-11_706.jpg


akagi-13-11_709.jpg


これは、木の枝に引っかかった楓の紅い葉っぱです。葉の裏に付いた雨粒も撮りたかったんですが…
三脚の高さが足りませんでした。

akagi-13-11_712.jpg


ホウの葉が落ちていると、必ずカメラを向けてしまいます。
存在感のある大きな葉っぱと、その朽ちた樺色が何とも言えず好きです。
今日は、その葉に、雨粒が乗っていて、それを撮りたいと思いましたが、いかがでしょう。

akagi-13-11_734.jpg


赤城自然園にはお花も多く、返り咲きの花が健気に咲いていました。

ただ一輪、綺麗な花が咲いていました。ナデシコ

akagi-13-11_766.jpg


一面の落ち葉の絨毯の中で、タツナミソウの帰り花

akagi-13-11_768.jpg


shinさんが、教えてくださったシクラメンの原種のお花。
淡いピンク色は、まるで蝶が舞っているように可憐です。
『か~わ~いい!!』と、よしころんちゃんとわたしは、マクロレンズに付け替えて
膝まついて、いつまでも撮っていました❤

『おい、一番最後だぞ~!もう、行くぞ~!』と、安曇野さんに即されてやっと立ち上がりました。

akagi-13-11_805.jpg


akagi-13-11_818.jpg


小雨模様でしたが、何とか雨も持ちました。わたしたちは、展示棟でお昼をいただきました。
上州鳥弁当、ボリューム満点で美味しかったです。
その後、自分のベストショットを5枚選び、その中から先生に公表していただく一枚を選ぶと言う
作業が待っていました。PC画面ではなく、自分のカメラのモニターで選ぶので大変です。
この作業が一番難しかったです(笑)自分が選んだベスト5h、何だかなぁ…な5枚でした^_^;

先生が皆さんの作品を大画面で見ながら講評されます。とても丁寧に、良い部分も見つけながら
指導してくださるので好感が持てますし、楽しく勉強にもなりました。
今回の撮影会を通して、新井先生の言葉で一番心に残ったのは、『写真は引き算です。』と言う言葉でした。

『写真は出来るだけ、シンプルに自分の撮りたかった被写体を表現すると良いですね。
それには、余分なものが映り込んでいないか、まず、四隅に注意を払いましょう。
写真は引き算なんです。』いつも、あれもこれもと欲張って撮っていたわたしには、とても心に響く
、そして実にシンプルな言葉でした。
新井先生、大変勉強になりました。本当にありがとうございました

この言葉を、常に忘れないように、これからの写真撮影に生かしていきたいと思います。
たぶん、これからも、想いのままに写真を撮り続けるでしょうけれども…

akagi-13-11_783.jpg


赤城自然園のフォトツアーをデジブックにしてみました。
珍しくJPGのなかで、一番大きいサイズで撮りました。気合いを入れて撮った初めての撮影会の写真。
よろしければ、大きな写真で見ていただけると嬉しいです(^_-)v



スポンサーサイト

category: 写真

CM: 10 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。